Other」カテゴリーアーカイブ

在宅勤務

新型コロナウイルス感染拡大防止のため,現在,理研全所の業務はほとんどが在宅勤務で実施されています.

データ同化研究チームが所属する計算科学研究センターでは,新型コロナウイルスの研究にも使用されるスーパーコンピュータ「富岳」の設置作業が進められています.この作業を優先するため,関係者以外のセンター職員については,政府の緊急事態宣言に先立つ3月27日から設置完了が見込まれる6月末まで在宅勤務が継続する予定です.

オープンデータ

研究紹介のカテゴリに オープンデータ のページを追加しました.このページではチームが作成したプログラムなどを公開しています.

これまで データ同化を学ぶ“のページで公開していた LETKF や SCALE-LETKF に加え,動的全球植生モデルである SEIB-DVGM に Particle Filter を実装し Leaf Area Index の同化を可能とした SEIB-PF を新たに公開しています.

今後はプログラムだけではなく,気象に関する再現実験のデータなども追加していく予定です.

はっけん号

琵琶湖の観測(4月13日)

JST SICORP(戦略的国際プログラム)によるイスラエルとの共同研究プロジェクト「先進 ICT を用いた淡水生態系復元力の監視」にデータ同化研究チームも参加しています.

このプロジェクトの目的は,日本の琵琶湖とイスラエルのキネレット湖(ガリラヤ湖)を主な対象として ICT を用いた水環境の迅速監視手法を開発することです.データ同化の技術は,湖内の流れ場やプランクトンのふるまいについて,それらの再現性や予報精度の向上に寄与すると期待されています.

4月13日(土)にはイスラエル側の研究者も交えて琵琶湖の観測を行いました.大津港から「はっけん号」に搭乗し,琵琶湖北湖に設置していた観測用の係留ブイを回収するとともに,数か所で SASV(Solar-powered Autonomous Surface Vehicle)を運用しました.

はっけん号はっけん号

SASVSASV

SASV琵琶湖上で運用中の SASV


チーム Web サイト リニューアル

本日,データ同化チームの Web サイト (日本語版)をリニューアルしました.

PC から閲覧した場合は従来のデザインとほとんど変わりはないはずですが,スマートフォン等の画面サイズが小さな環境から閲覧した場合はいわゆるレスポンシブデザインで表示されます(ただし,過去に行われたイベントのページは除きます).

今回のリニューアルにあたり,研究紹介のコーナーを大きく拡充しています.
データ同化に興味を持っていただいた方,データ同化を学んでいる方,それぞれのお役に立てるよう,これからもコンテンツを追加していく予定です.

また,チームがこれまで制作に関わってきた動画のほとんどをイベント/メディアのページに,ビデオギャラリーとしてまとめています.
チームの紹介や,ゲリラ豪雨を中心とした研究についての分かりやすい解説動画などもありますので,ぜひご覧ください.

そして,新しく追加されたこのブログではチームが主催するイベントの告知や報告に加え,チームの日ごろの活動が伝わるような記事を掲載していく予定です.

その他の細かな部分も全面的に手を加えています.
リンク切れや表示の不具合等を見つけましたら,チーム Web ページ担当の高玉(kohei.takatama(please remove here)@riken.jp)までお知らせください.